About competition

新型コロナウィルスの影響により音楽業界が大きな被害を受けています。 ピアノ学習者、指導者の皆様におかれましても、それぞれに難しい状況を強いられていることと存じます。将来の演奏家を育む為に、従来の概念に囚われないコンクールの存在が必要だと考えました。 予選ではご自宅で自身が撮影した映像にて審査し、本選では無観客の音楽スタジオで動画撮影にて審査を行います。 全日本ピアノeコンクールが、クラシック音楽市場拡大の一助になる事を願い開催致します。

Youtubeチャンネル
審査員一覧

News Information

Feature

公平性・透明性を追求し市場拡大の可能性を広げる

Feature 01映像審査のメリット

何度も振り返り試聴出来ることで、1.2番目の演奏者の点数が低くなったり、得点の高い演奏者の次の演奏者の点数が低くなったりすることはありません。

Feature 0220名の審査員

業界の最前線で活躍する多数の審査員によって、評価の偏りを無くしこれまで以上に公平な審査を可能にします。

Feature 03審査員の責任

審査内容をWebサイトに公表(予選は本選出場者・本選は参加者全員)する為、審査員にはこれまで以上に評価への信ぴょう性や責任が求められます。

Feature 04本選のLive配信

コンクール当日のライブ配信や動画配信によって、これまでクラシックコンクールに馴染みの無かった方々が参加し応援できる環境を作ります。

About judge

審査員は十分な指導・演奏経験を積んだ
ピアノ指導者・ピアニストが務めています。

審査員一覧はこちら

Overview

小学生から一般参加までを対象とした6段階(A~F級)からなる部門。優れた音楽的才能を発掘・育成するとともに、すべての参加者およびその指導者に自らの達成度を他との比較によって知らしめ、より一層の切磋琢磨を奨励し、音楽文化の発展を目指しています。

さらに詳しく

Flow

Flow01

エントリー
お支払い

Flow02

自宅などで演奏動画を
撮影・提出

Flow03

審査・結果発表

さらに詳しく

Column

エリア情報